スムージーダイエットで痩せない理由

スムージーダイエットで痩せない理由

 

スムージーダイエットで痩せない理由

こんにちは(^^)/

先日、

ダイエットをしているけど

なかなか痩せれないという方と話をしました。

 

その方は50代の女性の方ですが、

ウォーキングや食事制限をしているとのことです。

 

全然、体重が減らないと言っていましたので、

ちょっと詳しくダイエットの内容を聞きました。

 

すると、

毎日、

スムージーを作って飲んでいると言っていました。

 

スムージーダイエットはよく聞くので、

実践している方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

作り方を聞いてみると、

果物と野菜ジュースをミキサーにかけて飲んでいるとのことですが、

健康にはたしかに良さそうですが、

ダイエットの効果や減量には

ちょっと向かないと思いました。

 

スムージーの内容や飲む量が

痩せない原因なのではないかと思いましたので、

少し飲む量を減らす方が良いかもと話しました。

 

もともと、

スムージーとは、

凍らせた果物や野菜をミキサーでシャーベット状にした飲み物で、

作り方はいろいろあるみたいですが、

冷たいので、

特に暑い時期には美味しい飲み物?

シャーベットみたいな食べ物ですね。

 

 

スムージーが流行っている理由

 

市販で売られている果物や野菜のジュースは、

加熱処理をしていることから、

 

 

もともとの栄養素が壊れてしまっていることなどの理由で、

健康意識の高い人たちが自宅で作っていたりしてたんです。

 

スムージーは果物の皮や種も使うことで、

栄養や食物繊維がたっぷり摂れるので、

美容のためや便秘気味の人はおすすめです。

 

ただし、

ダイエット中の方や

減量をしたい方は飲みすぎには注意が必要です。

 

それは、

糖分量が問題になってきます。

 

自宅で果物や野菜を使ってスムージーを作っても、

もともとの素材の糖分がありますので、

砂糖などで甘さを加えていなくても

糖分は入っていますので、

飲む量は気をつけなくてはいけません。

 

果物の糖質量

果物の糖質量
 
果物の糖質含有量を整理してみました。表の数値は、果物可食部100g当たりの糖質含有量です。果物に含まれている糖質は果糖・ショ糖・ブドウ糖・糖アルコールなどです。
 例えば、リンゴ1個(約240g)は約150キロカロリーで、ビタミンC含有量は8mg、遊離糖含有量は35.6g(果糖18g、ブドウ糖6g、ショ糖9.6g、ソルビトール2g)、水溶性食物繊維含有量は0.95g、不溶性食物繊維含有量は2.95gです。
 もちろん、果物の種類によって果糖・ブドウ糖・ショ糖・糖アルコールの比率は異なりますが、このうち果糖は10%くらいしかブドウ糖に変わらないので、ほとんど血糖値を上昇させません。
 そのため、果物の糖質のうち半分が果糖と仮定すれば、穀物の糖質に比べると血糖値は上がりにくいといえます。穀物のでんぷん1gが血糖値を3mg上昇させるとすれば、果物の糖質1gは約半分の1.5mg上昇させると考えられます。
 細かいことをいえば、ソルビトール(糖アルコール)はブドウ糖の半分くらい血糖値を上げますし、ショ糖は「ブドウ糖+果糖」です。けれども大ざっぱにはこの計算でよいでしょう。
 厚生労働省の低糖質食の定義が「100g中糖質5g以下」です。そうすると100g中の糖質が10g以下の果物は、血糖値の上昇に関しては100g食べてもおおむね大丈夫と思います。果物の糖質量が1回に10g程度なら、血糖値の上昇は約15mgですむ計算です。
 100g中の糖質が13gや14gのリンゴやさくらんぼも、食べるとき糖質の計算だけしておけば、どのくらい血糖値が上がるのか予測できますから、それを承知の上で適宜食べればいいと思います。
 なお、バナナには糖質に加えてでんぷんも多く含まれているので、とくに糖質含有量が多いです。でんぷん分は、他の果物より血糖値を上昇させます。
(高雄病院 江部康二医師)

引用元:http://medicalsyft.com/%E6%9E%9C%E7%89%A9%E3%81%AE%E7%B3%96%E8%B3%AA%E9%87%8F/

 

スムージーに使う素材の糖質量を気をつければ、

果肉や皮が入っているので、

通常の飲み物よりかは腹持ちも良いですし、

朝食の代わりで置き換えダイエットとして使えるのではないでしょうか。

 

今からの時期は

特に冷たいスムージーは美味しいですよね。

 

スムージーは作るのが面倒、

ミキサーがない、

糖質制限をしている、

 

そのような方におすすめなスムージーがありますよ。

 

糖質制限サポートスムージーはこちらから ↓

本当に身体が喜ぶ【糖質制限との向き合い方】初めてみませんか?

 




“スムージーダイエットで痩せない理由” への2件のフィードバック

  1. ブログ主さんの言われるように、スムージーは糖質を含むものには注意が必要ですよね(;´Д`)
    糖質制限中にとるなら、やはり葉っぱ系の野菜メインで作ったものがいいと思います。
    栄養的に考えると、若干なじみは薄いですがモロヘイヤがかなり優秀です!
    どうしても味が受け付けない場合は、甘み分を酸味で補うのがいいと思います。
    手に入りやすいものだとレモン、次いでグレープフルーツが糖質含有量は低めなのでオススメですよ!

    1. こんにちは、
      コメントありがとうございます。
      そうですね。
      果物は太りにくいと思っているみたいで、
      糖質を気にしていない方も多くいらっしゃいます。
      やっぱり糖質制限中は葉っぱ系メインが良いですね。
      モロヘイヤですか、
      健康にもよさそうですね。
      レモン、グレープフルーツが低糖質で相性が良いのですか。
      今度、試してみたいと思います。

コメントを残す