ダイエットを挫折しないための方法

ダイエットを挫折しないための方法

ダイエットを挫折しないために

 

何か新しいことを始めても、

よく、3日坊主になっちゃたり、

しますよね。

 

好奇心旺盛な私はしょっちゅう3日坊主です。

 

ダイエットも3日坊主になりやすいことでないでしょうか?

 

3日坊主にならない方法

 

 

3日坊主にならないためには、

4日目から、また始めたらいいのです。

 

 

やり続ければ、挫折にはなりません。

 

 

私はボディコンバットというエクササイズをしていますが、

始めてボディコンバットをやった時は、

まったくスピードについていけない。

 

体が動かない。

 

きつい。

 

しんどい。

 

こんなの無理やって思いました。

 

次の日、筋肉痛で身体はボロボロ。

 

楽しめる余裕なんてないのです。

 

それでも、やっているうちにだんだん体が慣れてきますし、

余裕ができて楽しくなったりするものです。

 

ボディコンバットは、週に2~3回、5カ月間、続けています。

 

 

続けれた理由。

 

お金を払っているので、

1カ月はやらないともったいないというのと。

 

痩せないといけない理由があったからです。

 

 

私はSNS(フェイスブック)で、

 

「20キロ痩せて、必ずかっこいい男になります」

 

と宣言しました。

 

 

もう、引き下がれないのです。

 

辞めれない状況を作ったのです。

 

 

ダイエットを辞めても、誰にも迷惑はかけませんが、

 

「あ~ 辞めちゃったんだ」

 

と思われるのが嫌だっただけです。

 

 

ダイエットを挫折しないために

 

ダイエットを辞めれない理由を作ってしまう。

 

例えば、

来年、海に行く計画を立てて高級な水着を買う。

お友達と温泉旅行に行くと決めて宿の予約をする。

 

これらは、

水着を買ったり、宿を予約したことで、

決意表明なものです。

 

お金を払っている。

お金を払ってしまったから、もう後には戻れないということで、

継続しなくてはいけなくなります。

 

後戻りできなくすると言う事です。

 

 

ダイエットを挫折しないために

もう一つ重要なことは、

モチベーションをいかに維持できるかです。

 

一流のアスリートだって、

気分が落ち込んだり、スランプはあります。

 

やる気が無くなった時、

モチベーションを上げるには、

 

人の力を借りましょう。

 

同じ悩みを持つ人と一緒にしたり、

共感できる人と励ましあったりすることで、

やる気が出てきたりします。

 

私の場合は、

家族の協力やSNSで多くの方に応援してもらえたり、

義理の妹がメッセージをくれたりしたことが、

とても励みとなり、ダイエットを続けられたと思っています。

 

多くの方に応援してもらったことで、

-20キロダイエットに成功したと思っていますし、

今回のダイエットで自分を支えてくれた人達にあらためて感謝しています。

 

意思が弱い方

 

ダイエットをしている最中に、

友達や家族から、

 

「食べないと健康に悪いよ」

 

「糖質制限はよくないらしいよ」

 

と自分がダイエットをしたいのに逆を言ってくる人達がいます。

 

もちろん、

自分のことを思って言ってくれているのですが、

ダイエットをやらない方がよいという意見の人がいると、

続けることが難しくなってきます。

 

意思が弱い人は、

メンターがいないと続けられなかったりします。

 

メンターとは、何かをすることの指導者、助言者の意味です。

 

メンターを持つことで、

気持ちがぶれたりせずに集中して取り組むことができ、

目標を達成するための的確なアドバイスをもらえるでしょう。

 

つらいときも、

あなたを励ましてくれる存在であれば、

モチベーションは維持できます。

 

この人に教えてもらいたいと思ったら、

できるだけ、コンタクトをとってみるのがよいでしょう。

 

どうしてもダイエットを挫折してしまうという方は、

メンターの存在を意識してみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す