停滞期

停滞期にチートデイを入れるべきか?

 

停滞期にチートデイを入れるべきか?

こんにちは(^^)/

4カ月で20キロ瘦せたダイエットコーチのMASAYAです。

 

チートデイって知っていますか?

 

ダイエットを実践していると必ず体重が減らない

停滞期が訪れます。

 

順調に体重が減っていたのに急にピタっと止まってしまうと、

モチベーションも下がってしまい、

こんなに頑張っているのに「何で?」と落ち込みます。

 

先が見えない不安がでてきます。

 

そして、

「も~ ダイエットなんてやめてやる!」となり、

リバウンドをする方も多くいらっしゃいます。

 

そこで、

停滞期にチートデイを活用するとよいというがあります。

 

チートデイとは、

英語で騙す日。

 

何を騙すかというと、

ダイエットを始めて急にエネルギー源が身体に入ってこなくなると、

脳が勝手に生命の危機感を感じて、

必死にエネルギー源を身体に貯め込もうとします。

 

だから、

食べる量も増えていないのに

糖質もカロリーも減らしているのに

体重が減らないのです。

 

そこで、

糖質をカットしていたなら、

エネルギー源(糖質)を意図的に身体に入れて、

「大丈夫だよ」

「ちゃんとエネルギー源は入ってくるから安心して」と

脳を騙す日の事をチートデイと言います。

 

脳が安心して、

エネルギー源を貯め込もうとしなくなるという事です。

 

注意

チートデイをダイエット中に入れる場合は、

チートデイをやる日は1日だけです。

 

それ以上やるとチートデイにはならなくなるので、

必ず1日で終えてください。

 

今まで我慢していた甘いものなどをチートデイで食べると

体重は一旦増えますが、

そこから落ち始めれば成功です。

 

こちらは、

私がダイエットのコーチングしている生徒さんの体重のグラフです。

 

 

 

2017年3月23日

51.2キロ

スタート

 

停滞期

 

2017年4月4日~6日にかけて体重が少し上がっています。

6日に相談があり、

7日にチートデイをすると決めました。

 

7日にはかなり我慢も溜まっていた感じで、

好きなだけ甘いものを食べていました。

 

ドーンと体重は上がりましたが、

その後トントンと体重も減り、

前回の停滞期の体重を超えて下がっています。

 

チートデイが上手くはまった結果です。

 

それでは、

いつでもチートデイを入れても良いかというと、

私は最低2週間は入れないことをおすすめしています。

 

その理由は、

私が教えているMASAYA式ダイエットプログラムは、

糖質で活動していた身体を完全に糖質をカットした食事にして、

肝臓からケトン体を出して脂肪をエネルギー源として使うダイエット方法です。

 

ポイントはこのケトン体は

一定期間(1日~3日)完全に糖質をカットしないと出てこないので、

ケトン体が出てからが痩せ期となります。

 

糖質を摂るとケトン体が出るのもストップしてしまうので、

ちょこちょこチートデイを入れても、

痩せ期が短くなってしまいます。

 

目標体重になるまで長期間かかる場合

ダイエットの途中で、

気持ちが切れてリバウンドにもなりますので、

途中、気分をリフレッシュした方が良いと思います。

 

「今日食べたいから」と

思い付きでチートデイをやるのではなく、

体重の変動や自分のモチベーションなど考えて、

計画的にいついつ実行しようとやってください。

 

チートデイはダイエットの技の1つとして、

頭に置いといてください。

 

それでは、

ダイエット、減量、

頑張ってくださいね (*^-^*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

MASAYAのダイエットブログ のプロフィール写真
はじめまして、ダイエットコーチのMASAYAです。
SNSやブログ等でダイエット情報を配信しているうちに相談を受けるようになり、世の中に痩せたけど痩せれないという悩みを持っていらっしゃる方がたくさんいることを知りました。
現在、ダイエットコーチングをオンラインでしていますのでダイエット結果や情報をブログでシェアしていきたいと思います。
当ブログが少しでも痩せたい方のお役にたてれば幸いです。これからもどうぞよろしくお願い致します。何か、ご質問等ありましたらお気軽にメッセージくださいね。
吉井将弥(よしいまさや 43才)【ファスティングインストラクター 資格保有】

いつも応援ありがとうございます(*^^*) ポチッとしてくれると嬉しいです!!
↓   ↓   ↓   ↓   
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。