腹筋の鍛え方

初心者におすすめしたい腹筋の鍛え方

初心者におすすめしたい腹筋の鍛え方

 

腹筋の鍛え方

 

そんなにムキムキにならなくてもいいから、

お腹だけはへこましたい方って結構いますよね。

特に30才以上の方は筋肉量が減ってきてるのでお腹が出てきます。

 

きついのは嫌、

めんどくさいのは嫌っていう方に

超おすすめの腹筋の鍛え方をご紹介します。

私も毎日している超簡単な腹筋を鍛える方法です。

 

ドローイン

ドローインって聞いたことありますか?

ドローイン(draw in)とは、

日本語に訳すと息を吸う・凹ませるという意味の腹横筋(ふくおうきん)を鍛える方法です。

 

腹横筋はお腹の内側にある筋肉でインナーマッスルと言われる筋肉です。

 

インナーマッスルを鍛えると体幹がしっかりし、

姿勢が良くなり、

お腹の引き締め効果の他、

コルセットのように筋肉が付くので腰痛の予防になります。

 

いきなりハードな腹筋トレーニングを始めたりすると、

腰を痛めたりするので、

ドローインを先に実践して、お腹の内側の筋肉を付けてから、

お腹の外側の筋肉を付ける筋トレをするとよいでしょう。

 

ドローインのやり方

1.背筋を伸ばす

2.大きく鼻から息を吸います

3.お腹を膨らませます

4.ふ~っと 口から細く長く息を吐きながらお腹を凹まします

5.凹ました状態で30秒キープ(普通に呼吸してもよい)

 

ドローインのやり方が、こちらの動画でわかりやすく説明しています。

ドローインはできれば、1日に何回もすると効果があります。

 

ドローインのやり方をマスターできたら、

どこでも腹筋を鍛えることができます。

やろうと思えば、通勤の電車の中や仕事の合間、テレビを見ながらでもできますよね。

 

 


コメントを残す