基礎代謝量

基礎代謝量とは?

基礎代謝量とは?

基礎代謝量

基礎代謝とは特別に運動をしていなくても、

安静にした状態で消費されるエネルギー代謝を基礎代謝といい、

その量が基礎代謝量です。

 

人によって、基礎代謝量は違います。

 

筋肉が多い人は基礎代謝の量は多くなります。

 

女性よりも男性の方が筋肉量が多いので、

1日の摂取カロリーの目安が男性と女性が違うのはこのためです。

 

基礎代謝量

画像転記元:基礎代謝量は加齢とともに低下する

 

基礎代謝量は10代から下降していますので、

運動をして筋肉を付けないと、

どんどん基礎代謝量は減少します。

 

基礎代謝量が少ない人の症状

 

・手や足の先がいつも冷えている

 

・頭痛や肩こり、腰痛がある

 

・生理不順だったり、生理痛が重い

 

・低血圧

 

・低体温の方(35.9度以下)

 

・疲れやすい

 

・汗をあまりかかない

 

・顔色が悪いと言われることが多い

 

参考記事:http://dietbi.com/kisotaisya-1716.html

 

この様な症状がある方は、

基礎代謝量が少ないことが原因かもしれません。

 

少し運動をして筋肉を付けると良いでしょう。

 

筋肉ムキムキの芸人さんなんか、

冬に裸でも平気だったりしますよね。

基礎代謝量が多いので寒くないのです。

 

基礎代謝量が上がるとリバウンドしにくい

 

基礎代謝量が上がると何もしなくても体重が減る体質になります。

よって、リバウンドしにくくなりますので、

食べないだけのダイエットや

食事のカロリーを抑えただけのダイエットより、

運動と併用して痩せる方がおすすめです。

 

私の場合、

もともと若いころは汗かきでした。

ご飯食べながら、

汗が噴き出てましたが、

最近はまったくありませんでした。

 

ウォーキングや筋トレを最近始めたところ、

身体が温かくなり、

手と足先の冷たいのも良くなりました。

 

冷え性体質の方や

どうしてもリバウンドしてしまう方は、

基礎代謝量を上げるための運動をされてみてはいかがでしょうか。

 

基礎代謝量を上げる方法

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す