無酸素運動

基礎代謝量を上げる方法

基礎代謝量を上げる方法

 

「若いころはいくら食べても太らなかったのに・・・」

 

その様に思うのは、

基礎代謝量が年齢とともに落ちているからです。

 

基礎代謝量の消費が多くなる体質になれば、

 

・ 勝手に痩せる体質になる

・ 身体がいつも燃えて温かに

・ リバウンドしにくくなる

 

この様なメリットがありますので、

基礎代謝量を上がるようにしてみませんか。

 

どうすれば、

基礎代謝量が上がるのでしょうか。

 

筋肉を増やしましょう

 

無酸素運動は筋肉量を増やすのに適した運動なので、

引き締まったメリハリボディをつくりたい方におすすめです。

酸素を多く取り込まない状態で筋肉にある程度の負荷をかけることから、

疲労物質の「乳酸」が溜まりやすく、長時間継続することはできません。

 

短時間のみの運動ということからダイエットに向かないようにも思われますが、

筋肉量が増えると基礎代謝が上がるため、寝ているときや普段の生活など、

運動をしていないときでも脂肪が燃えやすい(=痩せやすい)体質になることが期待できます。

参照元:有酸素運動と無酸素運動の違い | ヘルスケア大学

 

ウォーキングやエアロバイクなどの有酸素運動は

溜まった脂肪を燃やすのに効果的な運動ですが、

 

筋肉量を増やすには、

無酸素運動が必要です。

 

有酸素運動 = 体脂肪を燃やす

無酸素運動 = 基礎代謝量を上げる

 

減量するにはどちらもした方が良いです。

 

無酸素運動

それでは、無酸素運動とは、

どのような運動なのでしょうか。

 

無酸素運動

・ 筋肉トレーニング(腕立て伏せ、スクワットなど)

・ 短距離走

 

瞬間的強い力が必要な時は、筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)を主原料として使います。

酸素を必要としないので、短時間しか運動できないが、筋肉を鍛えることができます。

 

ウォーキングをされている人は、

ウォーキングの途中で、

「うぉ~~」ってダッシュをしたら、

有酸素運動と無酸素運動の両方できます。

 

これで完璧ですね。

 

基礎代謝量を上げたいのなら、

無酸素運動がおすすめ!ということでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す