痩せにくい人の思考

痩せにくい人の思考

痩せにくい人の思考

こんにちは(^^)/

ダイエットコーチのMASAYAです。

 

ダイエットの相談を受けていると

いろんな生活スタイルの人がいます。

 

そして、

食べ物に対しての考え方も違います。

 

普通に生活していると、

アスリートでもない限り、

これを食べて筋肉を付けようとかあまり考えないと思います。

 

今日も体を動かすから

炭水化物を食べようなんて思わないです。

 

ちょっと、

食べ物に対しての意識を少し変えれば、

痩せやすい思考になります。

 

それは、

動くから食べる

動かないなら食べない

そのような思考です。

 

車はガソリンがないと走りません。

 

人間もエネルギー源がないと動きません。

 

そして、

車は燃料タンクの量が決まっているので、

ある一定以上はガソリンは入りません。

 

しかし、

人間の場合は

エネルギー源がどんどん入って来ても

脂肪としてどんどん蓄えられるのです。

 

それが、

太る理由となります。

 

基本は動く量が少ない人は

食べ物も少なくて良いのです。

 

少なくすることがわかっていても

減らすことは難しいし、

私も少し減らすだけでも大変でした。

 

そして、

私もそうでしたが、

食べ物の扱いが、

食べることが喜びであったり、

ストレスの発散になっている方が多くいらっしゃいます。

 

何か無性に食べたくなって、

食べて気分がスッキリする。

 

なんてことをしていると

だんだん太るようになってしまいます。

 

もともと、

人間にとっての食べ物は

生きるため、

動くためです。

 

現代は飽食の時代と言われており、

食べることに困らないですが、

太りやすい時代でもあります。

 

肥満や生活習慣病の人が増えているのも

そのような飽食の時代だからです。

 

また、

コンビニや外食産業の普及で、

値段が安くて美味しい食べ物も増えました。

 

「今日も仕事を頑張ったから、

自分のご褒美に美味しい食べ物を食べよう」

 

なんてしてたら、

痩せることは難しいですし、

 

食べたいから食べない

食べたいからダイエットをする

食べるために運動をする

 

などは、

あまり良い思考ではありませんし、

痩せにくい人の思考です。

 

できれば、

自分へのご褒美は

旅行や洋服など食べ物以外にした方が良いと言う事です。

 

ダイエットで一番重要な思考は、

食べ物以外で人生の欲求を何で満たすかです。

 

生きている中で好きなこと楽しいことは人それぞれ持っていると思います。

 

音楽、旅行、ファッション、食べること、

 

いろんな楽しみ方があるかと思いますが、

 

食べることがなによりも好きだと太る原因にもなりますし、

痩せにくい思考となります。

 

ダイエットを頑張って痩せた後にリバウンドしないためにも、

痩せたら何をするかしっかり決めて、

新しい自分になったら、

ファッションなどで楽しんで、

食べることよりも興奮したり満足することを増やしていきましょう。

 

痩せた自分が何をしたいのか少し考えてみて、

ダイエットする前から痩せたら自分がワクワクするようなイメージを

はじめから持っておくと良いでしょう。

 

それでは、

ダイエット、減量、

頑張ってくださいね(*^-^*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す