糖質制限食

糖質制限の始め方

糖質制限の始め方

こんにちは(^^)/

4カ月で20キロ痩せたダイエットコーチのMASAYAです。

 

「糖質制限」

本屋さんやネットなどでよく見かけるキーワードになりました。

 

糖質制限で痩せたと言うと、

 

「糖質制限かあ・・・」

 

「糖質制限、どうやってするのですか?」

 

よく聞かれることもあるので、

 

簡単に糖質制限のやり方を説明したいと思います。

 

糖質制限とは、

 

「糖質」

 

糖分と炭水化物を食事から少なくするか無くします。

 

糖質制限食

 

こちらの画像で言えば、

ご飯の量を減らすか、

ご飯を無くす。

 

いわゆる、

炭水化物抜きダイエットですね。

 

そして、

 

主食となる白米、パン、麺類を3食とも無くすことを、

 

「スーパー糖質制限食」と言います。

 

私はスーパー糖質制限食を4か月間続けて、

20キロ痩せることができました。

 

本気で痩せたいのなら、

スーパー糖質制限食をおすすめしますが、

 

糖質制限食をする上で、

よくある問題があります。

 

それは、主食の白米、パン、麺類が大好物の方がいらっしゃいます。

 

以前の私がそうでした。

 

ごはん(白米)は必ずおかわり。

 

ラーメンは必ず定食でごはんとギョーザ付。

 

かつ丼とうどん。

 

炭水化物大好き人間でした。

 

スーパー糖質制限は最初がとてもつらかったです。

 

そこで、ご飯(白米)を豆腐に変えたのです。

 

糖質制限食

ホウレンソウと湯豆腐です。

 

 

糖質制限食

自家製キュウリのキューちゃんをかけました。

 

 

糖質制限食

松前漬けがあったのでかけてみました。

 

 

糖質制限食

ネギ、ミョウガ、ショウガを添えました。

 

とにかく、

ご飯(白米)の代わりに豆腐にしたんです。

 

そうしたら、白いフォルムが、

なんか落ち着くのですね。

 

ポイントは脳を「だます」ことです。

 

やっぱり食べる量が欲しいのでおかずの量を増やしました。

 

以前はおかずを食べたらご飯、おかずを食べたらご飯にしていたのを、

 

豆腐を食べたらご飯、豆腐を食べたらご飯にしました。

 

そのように毎食していたら、

 

だんだんご飯(白米)が無くてもだんだん平気になってきました。

 

そして、体重がどんどん減っていったのです。

 

 

糖質制限が危険と言われる理由

 

糖質制限が危険と言われる理由ですが、

 

それは、

 

「痩せすぎる」

 

です。

 

「ほんと痩せます」

 

糖質制限食を続けていると、

 

脂肪と一緒に筋肉も落ちていきます。

 

脂肪は落ちても良いですが、

 

筋肉まで落ちてしまうと動けなくなってしまいます。

 

そこで、糖質制限食をするときに食べた方が良い食材があります。

 

肉(タンパク質)です。

 

豆腐もタンパク質が豊富なので良いです。

 

タンパク質を摂るときに気をつけたいのが、

 

肉の種類(部位)や調理方法です。

 

鶏モモ肉のから揚げや豚ロースのとんかつなどは、

肉の脂も多いですし、揚げ物なのでNGですね。

 

鶏の胸肉やささ身肉、豚のヘレ肉、牛のモモ肉などが、

肉の脂身も少なくて良いです。

 

調理方法を気をつける。

 

焼くならオリーブオイルを使って焼く。

 

電子レンジを蒸し焼きにする。(油を使わない)

 

魚焼きグリルを使う。(油を使わない)

 

鍋やスープにする。(油を使わない)

 

 

 

糖質制限食

鶏の胸肉を塩コショウして電子レンジで加熱して切ったものを、

サラダの上に乗せました。

ゴーヤのおひたし。

冷奴。

 

 

サラダチキン

私は自分で作った方が美味しいので、

あまり好きではありませんが、

調理する時間がない。

作るのがめんどう。

という方はコンビニのサラダチキンを利用しても良いでしょう。

 

食卓から炭水化物を無くして、

肉の脂分と調理方法を気にすれば、

 

「間違いなく絶対に痩せます!」

 

スーパー糖質制限食をしているのに痩せないという方は、

 

その他で食べている・・・( ;∀;)

 

 

 

「甘いもの」ですかね (^_^;)

 

糖質制限なので、

 

当然、糖分も抑えましょう。

 

ケーキ、アイスクリームはNGです。

 

その代わり、

チートデイをうまく活用して乗り切りましょう。

 

1週間や10日に一度、

好きな物を好きなだけ食べる日を設けるのです。

 

今まで入ってきてたエネルギー元(糖質)が入ってこなくなると、

 

身体が

「やばい、エネルギーをため込まないと」と

勝手に脂肪を蓄えようとします。

 

この現象が、

いわゆる「停滞期」になる原因です。

 

 

チートデイ(騙す日)を活用して、

 

脳にエネルギー(糖質)がちゃんと入ってくるよ

 

「大丈夫だよ」と教えてあげて、

 

上手に脳を騙しましょう。

 

停滞期は必ず来ますので、

 

そこで諦めず乗り切りましょう。

 

 

食事の味付けもこの際、気をつけましょう。

 

砂糖やみりんを控えた料理です。

 

照り焼き系は砂糖がたくさん使用しているので、

焼き鳥はタレではなく塩で頂きましょう。

 

ちょっとした心がけ、習慣で

少しずつ痩せ生活にしていきましょう。

 

 

糖質制限のポイント

糖質制限のポイントは蓄えた脂肪を使うということ。

 

スーパー糖質制限にして、

蓄えた脂肪をエネルギーに変えましょう。

 

糖質が身体に入ってくるかぎり、

身体は蓄えた脂肪を使おうとしません。

 

一切、身体に糖質を入れなかったら、

蓄えた脂肪をやっと脂肪を糖に変えてエネルギーを作り出します。

 

一定の期間、

糖質を摂らないでいると

脂肪を使う痩せる体質に変わるのです。

 

日本人であれば、

主食となるご飯(白米)を今まで毎日食べてきたと思います。

 

パンや麺類も食べてきました。

 

みなさん必ず糖質を止めることに抵抗を持ちます。

 

「力が出ない」のじゃないのか?

 

「脳が働かない」のではないか?

 

「身体に悪い」のではないか?

 

その様に思われると思います。

 

 

私は4か月間全く糖質を摂らない「スーパー糖質制限」をしましたが、

 

全く身体の問題はなかったので、

 

痩せたいのに痩せれない方にはスーパー糖質制限を勧めています。

 

こちらにも記事を書いています。

 

スーパー糖質制限食に興味がある方は、

 

こちらをどうぞ→ スーパー糖質制限食とは?

 

 

それでは、

 

減量がんばってくださいね(^^)/

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す