糖質制限中の外食

糖質制限中の外食はどうすればよいか

糖質制限中の外食

糖質制限中に外食となると、

ラーメン屋、うどん屋、パスタ屋、回転ずし、など、

外食は炭水化物メニューが多い事に気づかされます。

 

ファミレスのメニューだと、

〇〇ハンバーグセットのライスがいらないので、

単品で頼みます。

 

「ライスが無料で付いていますが」と言われても、

 

「いえ、結構です」ときっぱりと断る勇気がいります。

 

私は以前、

必ず、「ライス大盛で!」と言っていましたが、

今はほとんどライスは食べてません。

自分でも信じられないです。

 

飲み会などで居酒屋さんに行く場合は、

「枝豆」

「豆腐」

「サラダ」

「魚のお刺身」

「鶏のから揚げ」

など、

 

居酒屋は酒のおつまみ系のメニューが多いので食べるものはたくさんありますが、

ご飯ものを食べないので、

他で量を食べるとなると、外食は値段が高くついたりします。

 

ご飯ものは食べてなくても、

フライドポテトを食べてたら一緒なんで、

「フライドポテト」「春雨」「お好み焼き」「たこ焼き」など、

イモ類、炭水化物、粉物、はNGです。

 

もちろん、デザート「甘い物」はNGです。

 

お酒は「焼酎」「ウィスキー」以外はNGなので、

ビールはNGです。

 

あと、

気になりだしたら、きりがありませんが、

外食は「味付け」、「たれ」、「ドレッシング」で糖分が多く使っていたりするので、

注意が必要です。

 

糖質制限中に「〇〇も食べれない」とか言っていると、

人間関係も難しくなったりするので、

人と合わせるところは上手く合わせてやりましょう。

 

もし、糖質を多く食べてしまった場合は、

食べたことを忘れないためにメモに残しておくといいですよ。

 

「昼は糖質を多く食べたから、控えめにしよう」とか、

「昨日はカロリー高めだったので、今日はサラダにしておこう」

 

など、自分の食べた過去から、

食べる物や量を調整しましょう。

 

私は食べた物をよく忘れます。

歳をとっているからかもしれませんが、

「えっ 昨日の夜は何を食べたっけ?」ってなるので、

写真を撮っています。

 

先日、ファミレスのガストに行ってきました。

こんなメニューがありました。

「べジ塩タンメン」

「糖質0麺変更できます!」ってことなので、

早速、試しに注文してみました。

糖質制限中の外食

 

糖質制限中の外食

見た目、普通のちゃんぽん

 

糖質制限中の外食

糖質0麺の感想ですが、

こんにゃくみたいな感じで、はじめて感じた食感でした。

普通の麺よりか美味しくはないですが、

糖質制限中はありがたいメニューです。

 

他にチゲの麺を糖質0麺に変更できました。

 

最近も赤身肉フェアをやっていたり、

ガストさんは女性ユーザーを意識したメニューがあったりしますので、

糖質が気になる方はいいですよ。

 

糖質制限は肉OKなので、

ご飯、パン、を頼まなければ、

食べる物はたくさんあります。

 

それでは、

「ライスはいらないです」を言って

糖質制限をがんばってください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す