脂肪燃焼

脂肪を燃焼させるには

 

脂肪を燃焼させるには

こんにちは(^^)/

4カ月で20キロ瘦せたダイエットコーチのMASAYAです。

 

中高年になってくるとお腹の脂肪がだんだん増えて、

お腹がポッコリってなってきます。

 

「はい 私がポッコリなってました」

 

「お腹が出てるのって嫌ですよね~」

 

だから、

脂肪を燃焼させるサプリや

脂肪を燃焼させるお茶などに頼って早く解決したいのですが、

脂肪はなかなか減らないものなんです。

 

脂肪を減らすためには何をしたらよいのか?

運動するのがよいのか?

悩みますよね。

 

「脂肪を燃やす」って見たり、聞いたりしますが、

脂肪を燃やすっていったいどういうことなのでしょうか?

 

油(脂)だから火が付けば燃え続けるのでしょか。

 

もちろん体の中に火が付くわけがないのに

燃やすってなんで言うのでしょう。

 

ちょっと、

体が動くメカニズムを説明します。

 

例えば、

車はガソリンを燃やして動いています。

 

人間も炭水化物や糖分などを食べて動いています。

 

それでは、

炭水化物や糖分を食べないと動けないのでしょうか?

 

いいえ、

 

炭水化物や糖分(糖質)を食べなくても動きます。

 

なんで動けるかというと、

いままで貯めていた脂肪を燃やして、

エネルギー源にするからです。

 

脂肪というのは、

いざっていう時のために貯めていたものなんです。

 

いつも食べていて、

エネルギー源がいつも体に入ってきている状態ですと、

脂肪を使う機会もありません。

 

いざっていう時が無ければ脂肪を使うこともないのです。

 

 

 

いろんな人が言いますが、

「ごはんを食べないと動けない」

「糖分を摂らないと脳が働かない」

そのようなことは置いといて、

2週間、糖質を完全カットしてみてください。

 

私が結果的に短期間で痩せれた要因は、

糖質を完全にカットしていたからだと言えます。

 

一定の期間、体に糖質が入ってこなくなると、

肝臓からケトン体という物質が出るようになり、

脂肪を糖に変えるようになります。

 

その様な

脂肪を使う(燃焼)状態が続くことにより、

どんどん痩せることになります。

 

このようにケトン体を使って行なうダイエット方法を、

「ケトジェニックダイエット」と言います。

 

ケトジェニックダイエットを詳しく知りたい方は、

こちらから➡ケトジェニックダイエットとは?

 

とっとと、

脂肪を燃やして脂肪を減らしたい方は、

とにかく、

2週間~1カ月間、糖質をできるだけカットしてください。

 

糖質を体に入れないことでケトン体を出すことがポイントです。

 

ケトン体が出ている

ケトン体が出だすと体臭が変わったりすることで、

ケトン体が出てることがわかります。

 

ウロペーパー

ケトン体が出ているか測定できる試験紙

ウロペーパー

海外製の物が安かったのでこれをAmazonで買いました。

 

紙コップなどの容器に尿を入れて試験紙を15分付けます。

 

色が濃いほどケトン体が出てると解ります。

 

ケトジェニックダイエット、

スーパー糖質制限をする方は、

一度、ケトン体がちゃんと出ているのか計ってみるのも良いですね。

 

脂肪を燃焼するには、

ケトン体をポイントだという話でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 




コメントを残す