食べる前に読む!

痩せる習慣

痩せている人が何をして痩せているのかを知って、

痩せている人の習慣がつけば痩せれます。

 

痩せるための情報をテレビなどで知っても、

「へ~~ なるほど~」って

納得して終わっていたりしませんか?

 

「いい情報知ったわ~」

「明日からしてみよう」

と思っても忘れていたりしませんか?

 

せっかく知った情報を忘れないために、

紙に情報を書いてみるとよいですよ。

そして、

 

食べる前に読む!

 

例えば、この様に

 

1.コップ1杯の水を飲む

2.「いただきます」と感謝する

3.野菜(サラダ)から食べる

4.ゆっくり食べる

5.よく噛む

6.ながら食いをしない

7.「ごちそうさま」と感謝する

 

これを紙に書いたり、

スマホのメモ帳などに書いたりして、

食事をする前に読むのです。

 

1.コップ1杯の水を飲む

水を飲むことで空腹感がおさまり、食べる量を減らす効果があります。

 

2.「いただきます」と感謝する

野菜を作った人に感謝や動物の命をいただいていることに感謝することで精神が落ちつき、

食べる量を減らす効果があります。

 

3.野菜(サラダ)から食べる

野菜から食べる事で血糖値が急激に上がることを抑えられます。

脂肪を蓄えにくい効果があります。

 

4.ゆっくり食べる

脳の満腹感が満たされるまで少し時間がかかるので、

ゆっくり食べる事により食べる量を減らす効果があります。

 

5.よく噛む

ゆっくり食べる事と共通して食べる量を減らす効果があります。

消化もよくなります。

 

6.ながら食いをしない

テレビを観ながら食べたり、スマホをしながら食べたりすると、

食べる事に意識がいかなくなり、気が付いたら無意識で多く食べてしまう結果となります。

 

7.「ごちそうさま」と感謝する

食べれていることに感謝することで満足感を感じ、

余計に食べることを抑えられます。

 

食べる前に読む内容は、

自分に合った情報でよいので、

食べる前に読むようにしましょう。

 

しばらく実践していると、

読まなくても自然とできるようになります。

 

痩せる食べ方が習慣になれば、

リバウンドの予防になったり、

「気が付いたら痩せていた」

となりますので、

 

ご興味があれば、

自分で痩せるためのルールを決めて、

実践してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


コメントを残す