水素水

1日にどのくらい水を飲んでいますか?

 

いつも、ご訪問ありがとうございます。

ダイエットコーチのMASAYAです。

 

子供に高校受験生もいるので、

大宰府天満宮に行ってきました。

 

家族、皆さまが今年も健康で幸せに暮らせるように祈ってきました。

 

大宰府天満宮

 

 

途中、ラーメン屋さんの一風堂に立ち寄りました。

 

ラーメン 一風堂 

 

糖質制限中はラーメンは全く食べていませんでしたので、

半年ぶりのラーメン。

 

30分間、並びましたが、

 

「やっぱり うまっ」

「最高ですね~」

 

こんなにゆっくり食べたことないぐらい

かみしめて食べました。

 

一杯のラーメンで、

「幸せな気分になりました ♪」

 

そして、

 

一風堂の水は、

 

ルイボスティーでしたので、

 

「ガブ飲み」

 

なんか、すごく得した気分になりました。

 

 

1日にどのくらい水を飲んでいますか?

 

あなたは1日にどのくらい水分を摂っていますか?

 

女性は1日に2.2リットル

男性は1日に3リットル

 

の水分を摂るようにと言われています。

 

ダイエット中はサプリを飲んだり、

タンパク質を多めに食べたりして、

内臓に負担がかかり体調を崩しやすくなりますので、

水をたくさん飲んで、内臓の負担を減らしましょう。

 

特に女性の場合はトイレが近くなるとの理由から、

子供のころから水分はできるだけ飲まないで育ってきて、

大人になってからもあまり水分は飲まない人が多いようです。

 

最近は芸能人やモデルの人が2リットル水を飲んでいるとのことから、

水のペットボトルを持ち歩く女性も見かけますが、

あなたは1日に自分がどのくらい水を飲んでいるかわかっていますか?

 

1度、自分が1日にどのくらい水を飲んでいるのか

計ってみるとよいでしょう。

 

思ったよりも飲んでないことがわかりますよ。

 

 

水をたくさん飲むことはダイエット・美容にとても良い

 

水を飲むと満腹感を感じ、

過剰な食欲を落ち着かせることができます。

 

血液の巡りが良くなって代謝が上がり痩せやすくなります。

 

水分不足は便秘になりますので、

水分を多く摂ることで便秘の解消になります。

 

水をきちんと摂取することで、

リンパの流れを全体的に改善→老廃物の排出に繋がります。

 

 

毎日3リットルの水を飲み続けた女性

水分摂取量

右の画像:4週間後

 

消化不良に悩んでいたサラさんは、

医者に1日3リットルの水を毎日飲むように言われた。

飲み続けたところ、サラさんの消化不良が治っただけでなく、

お肌のつやや目の下のクマなどが治ったとのこと。

 

見た目年齢何とマイナス10歳!

毎日水を「3リットル」飲んだだけで

驚きの若さを手に入れたという事で海外で話題になりました。

 

 

ペットボトルに入れて水を持ち歩こう

水を飲む

 

自宅でペットボトルに水を入れて持ち歩けば、

こまめに水を飲むことができますし、経済的にもお得です。

飲んだ量もわかりやすくなるのでおすすめです。

 

 

カフェインはできるだけ少なく

 

お茶やコーヒーにはカフェインが入っています。

 

特に女性の方で貧血気味などの理由から、

鉄剤やサプリなどで鉄分を多く摂っている方は、

カフェインは身体への鉄分の吸収を妨げる作用がありますので、

カフェインは気にした方が良いです。

 

せっかく水をたくさん飲むなら炭酸水

水素水

炭酸水はダイエット中や痩せたい方におすすめです。

 

ウォーターサーバー

 

ウォーターサーバー

 

このウォーターサーバーは、

とても画期的なウォーターサーバーです。

 

なんと、

炭酸水ができちゃうのです (・∀・)

 

できたて炭酸水が、

ご家庭でいつでも作れます。

好きな時に、

好きな量だけ、

炭酸水を作ることができます。

 

浅田真央ちゃん
あいかわらず可愛いですね (*^-^*)

 

もちろん、冷水、お湯も出ますよ。

 

あなたの好みやその日の気分、

飲み方・使い方にあわせて、

強炭酸から微炭酸まで、炭酸の強さをかんたんに調整することができます。

 

ジュースやカクテルなど、

これからは、

天然水の愉しみ方がもっと広がりますね。

 

炭酸水も作れるウォーターサーバーに

興味がある方はこちらからどうぞ

↓   ↓   ↓   ↓   ↓  

 

 

しょっちゅう炭酸水を飲むクセを付けば、

間食やドカ食いが減り、

それだけで痩せますね。

 

ダイエット中も水や炭酸水はたくさん飲んだ方がよいですが、

「健康や美容のためにも、できるだけ水はたくさん飲みましょう」

と言うことでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す